osho samadhi समाधिः 日本語

messages from all enlightened masters

Samadhi サマーディ समाधिः

Samadhi サマーディ समाधिः
 
 
f:id:premmashal:20180114200514j:image
 
 
Samadhi サマーディ समाधिः [samādhiḥ]
 
 
 
ある古い寓話にそれはある
神が世界を創造していたとき
4人の天使たちが神に近づいてきて質問をした。
 
 
 
「どのようにして創造しているのですか?」
最初の天使が尋ねた。
 
2番目の天使は質問した
「なぜ創造するのですか?」
 
3番目の天使は言った
「あなたの創造が終わったら私にいただけますか?」
 
4番目の天使は言った
「私があなたをお助けすることはできますか?」
 
 
 
最初の質問は科学者 scientist のものだ、
 
2番目は哲学者 philosopher のもので、
 
3番目は政治家 politician のもの、
 
4番目の質問は宗教的 religious な人のものだ。
 
 
 
存在 existence への科学的な研究 inquiry は
距離を置く観察 observation だ。
科学者 scientist は客観的 objective でなければならない。
客観的 objective であるために科学者は巻き込まれないままでいる。
科学者は参加する participate ことができない、
なぜなら
科学者が参加する participate と彼は巻き込まれてしまうからだ。
したがって科学者は
生 life や存在 existence の表層だけしか知ることができない。
 
1番奥の中核は
科学には入手できないままだ。
 
科学的な方法論そのものが妨げになる。
 
 
 
哲学者 philosopher は推測するだけであり
けっして実験をしない。
哲学者は際限なく
「なぜ?」と尋ね続ける。
 
そしてその質問のどんな答えが与えられても、
「なぜ?」と再び尋ねることができる。
哲学を通してはどのような結論も可能ではない。
 
哲学は結論がない状態のままだ。
 
それは無駄な行為であり、
それはどこにも導かない。
 
 
 
政治家 politician は単に世界を所有したくて
世界を自身のものにしたがる。
 
政治家は全ての中で1番危険だ
なぜなら
政治家は最も暴力的だからだ。
 
政治家の生の中への興味は
生それ自身の中にはなく
政治家自身の権力/パワーの中にある。
 
政治家は
権力/パワーに飢えている、
権力/パワーに狂っている。
 
政治家はマニアックであり、破壊的だ。
 
生きているものをあなたが所有しているとき、
あなたはそれを殺す、
なぜなら
何かが財産になったとたんに
それは生を失ってしまうからだ。
 
木を所有すれば、
その木はもう生きてはいない。
 
女や男を所有すれば、
あなたは彼ら殺してしまっている。
 
何かを所有すれば、
死 death がその結果となる、
なぜなら
死 death だけが所有 Possess できるものだからだ。
 
 
生 life は自由 freedom だ。
生 life は基本的に自由のままだ。
 
 
あなたは生を所有することはできない、
あなたは生を銀行に預けることはできない、
あなたは生を線で描き囲むことはできない、
あなたは「これは私のものだ」と言うことはできない、
 
そう言うことは敬意を欠いている、
そう言うことは自己中心的だ、
そう言うことは狂っている。
 
 
生が私たちを所有している。
 
 
どうやって私たちが生を所有できるだろうか?
 
 
私たちはもっともっと生によって所有されなければならない。
 
 
全てのゲシュタルトが変わらなくてはならない。
所有のはじまりから、
人は全体によって所有されるようにならなくてはならない。
 
政治家が生の真理を知ることはけっしてない。
 
 
 
宗教的 religious な人は参加 participates する。
 
彼は生とともに踊る。
彼は存在 existence とともに歌う。
彼は生を助ける。
 
彼は存在 existence に明け渡し surrender 
そして
彼は距離は置かないしよそよそしくはない。
 
彼は実際にはどんな質問もしない、
彼は知識 knowledge を追わない、
彼の全ての努力は
存在 existence といかに調和 harmony するか、
存在 existence といかにトータルに1つで在るかだ。
 
 
したがって東洋では究極の体験をあらわす
『サマーディ samadhi समाधिः [samādhiḥ]』
という言葉がある。
 
 
それは2つの言葉からきている。
 
 
SAMSAM は一緒になるという意味だ。
 
SAM と同じ語源が英語にも入っている、
 
sympathy 共感 の中に
symphony 交響曲 の中に
少し変化して
synthesis 統合 の中に
synchronicity 共時性 の中に。
 
 
SAM は一緒になるという意味だ。
ADHI は主、神という意味だ。
 
 
SAMADHI समाधिः [samādhiḥ] の意味は
神との合一、
神と1つになる。
 
 
そして英語の『宗教 religion』という言葉は
まさにその意味だ。
 
 
それは
存在 existence と1つになること、
分断ではなく、
分離したままではなく、
しかし
1つになることを意味する。
 
 
そして
この合一の状態の中でのみ人は
知り、
気づき、
体験し、
在るようになる。
 
 
『宗教 religion』は偉大なる実験でもある
…最大の実験だ、実のところ…
しかし違いがある。
 
 
科学 science は客観的 object な物事を対象に実験する、
『宗教 religion』は主体 subject そのものを実験する。
 
 
『宗教 religion』の関心は「私は誰か?」だ。
 
 
 
 
人は最初からはじめなければならない。
 
 
私が自分自身を知らない限り、
私は他の何1つ知ることはないだろう。
 
 
もし奥深くで
私が無知のままならば、
すると私の全体の知識 knowledge は
ただのガラクタだ。
 
 
それは無知に基づいている、
それは無知に根ざしている。
 
 
まず初めに
私の内側 inside に光 light が生じなければならない、
そうすれば
その光 light は広がっていくことができる。
 
すると
光 light は存在 existence のまさに限界まで行くことができる
…もし果てがあるならばだが。
 
 
しかしまず初めに
光 light は私の内側 inside に生じなければならない。
 
最初の炎は
私の主体 subjectivity からやって来なくてはならない。
 
 
私の中心 center が光 light で満たされるとき、
そうである状態のときのみ
なんであれ本当に知られることを
知ることになるだろう。
 
 
あなたがあなた自身を知らない限り
知る者がそこにいない限り
どのようにして他の何かをあなたは知ることができるのだろう?
 
 
もしあなたがあなた自身の深い闇の中にいるならば、
あなたが作り出した外側 outside にある全ての光 light は
欺瞞 deception だ、幻想 illusions だ。
 
 
『宗教 religion』の探求 quest は
存在 existence の中で
最も偉大なる探求 quest だ。
 
 
 
AN OLD FABLE has it that when God was creating the world he was approached by four questioning angels.
 
 
 
’How are you doing it?’ the first one asked. 
 
The second queried, ’Why?’ 
 
The third one said, ’May I have it when you finish?’ 
 
The fourth one said, ’Can I help?’
 
 
 
The first one was the question of the scientist, 
 
the second, the philosopher’s, 
 
the third, the politician’s, 
 
and the fourth was the question of the religious one.
 
 
 
The scientific inquiry into existence is that of detached observation. 
The scientist has to be objective. 
To be objective he has to remain uninvolved; 
he cannot participate, 
because the moment he becomes a participant he becomes involved. 
Hence the scientist can only know the outer circumference of life and existence. 
 
The innermost core will remain unavailable to science; 
its very methodology prohibits it.
 
 
 
The philosopher only speculates, he never experiments. 
He goes on asking AD infinitum, ’Why?’ 
And the question is such that whatsoever the answer, it can be asked again – ’Why?’ 
There is no possibility of any conclusion through philosophy. 
Philosophy remains in a state of non-conclusion. 
It is a futile activity; it leads nowhere.
 
 
 
The politician simply wants to possess the world, to own it. 
He is the most dangerous of all because he is the most violent. 
His interest in life is not in life itself but in his own power. 
He is power-hungry, power-mad; 
he is a maniac, he is destructive. 
The moment you possess something alive, you kill it, 
because the moment something becomes a property it is no more alive. 
 
Possess a tree, and it is no more alive. 
Possess a woman or a man, and you have killed them. 
Possess anything, and death is the outcome, because only death can be possessed.
 
Life is freedom. 
It remains basically free. 
 
You cannot possess it, 
you cannot put it into the bank, 
you cannot draw a line around it. 
You cannot say, ’This is mine’; 
to say so is disrespectful, 
to say so is egoistic, 
to say so is mad.
 
Life possesses us. 
 
How can we possess it? 
 
We have to be possessed by life more and more. 
The whole gestalt has to change: 
from being possessive, one has to become capable of being possessed by the whole.
 
The politician never comes to know the truth of life.
 
 
 
The religious person participates. 
 
He dances with life. 
He sings with existence. 
He helps life. 
He is surrendered to existence, 
and he is not detached and aloof. 
 
He does not really ask any question, 
he is not after knowledge; 
his whole effort is how to be in harmony with existence, how to be totally one with it. 
 
Hence the Eastern word for the ultimate experience: SAMADHI समाधिः [samādhiḥ].
 
 
 
It comes from two words. 
 
SAMSAM means together with. 
 
The same root SAM has moved into English, too; 
it is in ’sympathy’, 
it is in ’symphony’.
A little bit changed, 
it is in ’synthesis’,
it is in ’synchronicity’. 
 
 
SAM means together with. 
ADHI means the lord, God. 
 
SAMADHI समाधिः [samādhiḥ] means union with God, to be one with God. 
 
 
And that is exactly the meaning of the English word ’religion’. 
 
 
It means to become one with existence; 
not to be divided, 
not to remain separate 
but to become one. 
 
 
And only in this oneness does one come to know, see, experience, and be.
 
 
Religion is also a great experiment – the greatest, in fact – but with a difference. 
 
 
Science experiments with the object, 
religion experiments with the subject itself. 
 
 
Its whole concern is: Who am I?
 
 
One should begin from the beginning. 
 
Unless I know myself, I am not going to know anything else. 
 
If deep down I remain ignorant, 
then my whole knowledge is just garbage. 
 
It is based on ignorance, 
it is rooted in ignorance. 
 
First the light has to happen inside me, 
and then it can spread. 
Then it can go to the very boundaries of existence – if there are any boundaries. 
 
But first this has to happen within me. 
The first flame has to come from my subjectivity. 
 
When my centre is full of light, 
then only will whatsoever is known really be known. 
 
Unless you know yourself, 
unless the knower is there, 
how can you know anything else?
 
If you yourself are in deep darkness, 
all the lights that you have created outside are deceptions, illusions.
 
The religious quest is the greatest quest in existence. 
 
 
 
from osho talks
 
The Secret of Secrets, Vol 1
 
Talks on the Secret of the Golden Flower
 
Talks given from 11/08/78 am to 26/08/78 am 
English Discourse series
 
chapter 9 : Riding on a Miracle
 
19 August 1978 am in Buddha Hall
 
The free downloading of all chapters of this osho discourse from OSHO WORLD,
please click here.
 
 
 
beloved osho
beloved all enlightened masters  
beloved all 
 
 
 
”The last word of Buddha was, sammasati. 
Remember that you are a buddha – sammasati.”
 
 
 
sammasati
It means "right remembrance".
”正しく想起する”
 
 
 
meditation & love
 
 
 
osho samadhi समाधिः 
 
f:id:premmashal:20180611070159j:image
 
f:id:premmashal:20180114200612j:image